TOPICS

2013/05/19

筋筋膜性疼痛症候群 MPS にピソマを使った症例

守屋カイロプラクティック・オフィスさん


筋筋膜性疼痛症候群 ( Myofascial Pain Syndrome : MPS ) は日常良く
診られる症状ではないでしょうか?

MPS に対して「 脳‐身体‐心 」の治療室 カイロプラクティックの守屋先生が
可動に伴う痛みの出現部位から罹患筋を想定し、ピソマを使用した例がありました。

PCに向かって仕事をしているうちに首が痛み出し、とうとう動かせなくなり
翌朝には起き上がることもできず、首の回旋もできなくなった患者様にピソマを
試された症例です。

はじめてお使いになる方は、ご参考になると思います。




Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark